ワインは買取りされやすいお酒


「ヴィンテージ」という言葉を時々耳にするかと思いますが、その定義について説明出来る方は意外と少ないのではないでしょうか。
今回は、このヴィンテージという言葉がワインの世界ではどのように定義されているのか、調べてみました。

ヴィンテージワインの定義とは?

ヴィンテージとは「年号」の事。
つまりワインの原料となるブドウが収穫された年の事なんです。
例えば西暦2000年に収穫されたブドウから作られたワインには「2000」という年号が入ります。

2000年はフランスのボルドーワインや一部のローヌワインに関しては「大当たり年」とされています。
けれどこの年のドイツワインやカリフォルニアワインはあまり高く評価されていません。
だからボトルラベルに年号が記されたヴィンテージワインだからと言って、必ずしも全てが高級ワインというわけではないんですね。

またどんなに大当たり年のワインであっても保存状態が悪ければ高く買い取ってもらえません。
保存状態の良さに加え、ヴィンテージという価値が加わる事で高く評価してもらえるのです。

ワインはブドウから作られますが、ブドウは農作物なのでどうしても天候の影響を受けます。
「今年のブドウはとても出来が良い」年もあれば「出来が良くない」年もあります。
自然の中で育つ物ですから、品質にばらつきがあるのは仕方がありません。

ヴィンテージワインとは年号がきちんと明記されたワインの事。
けれど中には年号が入っていないものもあります。
これはノン・ヴィンテージワインと呼ばれており、製造年の違うブドウを混ぜて製造されている、原産国の基準に合わずに製造年を明記出来ないなどの理由があります。

製造年度の違うワインをブレンドするのは品質のばらつきを抑えるため。
ノン・ヴィンテージだからと言って必ずしも品質の悪いワインではないんですね。

ワインは買取しやすい

お酒やワインの買取りサイトでは、消費期限の設定されている日本酒やビールの買取を断わるサービスも一部ありますが、ワインはどの業者でも買い取ってもらえます。
ワインはとても人気のある飲み物です。
なぜ人気があるのでしょうか?

ワインはアルコール度数がそれ程高くないのである程度の量を飲む事ができます。
様々な料理にも合いますしお洒落なイメージもあり、普段からお酒にあまり縁のない女性にも気軽に飲んでもらえます。
ワインと美味しそうなお料理はかなりSNS映えするので、拡散目的で飲む方もいるようです。

最近はワインに含まれる豊富なポリフェノールに様々な健康効果がある事も分かってきました。
アルツハイマー型認知症や動脈硬化、ガン、高血圧を予防するとも言われており健康意識が高まる中ワイン人気はますます高まっています。

自宅に飲まないワインが眠っているのなら、ワイン買取り業者にお願いして引き取ってもらうと案外良い査定額がつく可能性がありますよ。
ワインは人気のある商品なのです。

どのワインが高く売れるかな?ワインの種類について学ぼう

  スパークリングワインとは?



  スティルワインとは?

ワイン用語を学ぼう

  『ネゴシアン』

生産者から樽ごとワインを買い付け、味を整え瓶詰めして出荷する業者

  『ボディ』

ワインのコク・力強さを表現する時に用いる

  『プリムール』

出来上がったばかりのワイン、または瓶詰めしていないワイン

  『熟成』

ワインを樽や瓶の中で保管すること

  『トップノーズ』

ワインを注いですぐに立ち上る香り

  『セカンドノーズ』

グラスを回したあとの香り

ワインを売ってみよう

ワイン買取りってどうやるの?

ワインを高く売ってお小遣いゲット!