初心者でも飲みやすいフレーバードワイン

2016年11月17日 14:11


フレーバードワイン(アロマタイズド・ワイン)は、発泡性のない赤ワインや白ワインにスパイスやハーブ、果汁、蜂蜜などを加えて風味をつけ、飲みやすく加工された物です。
混成ワインとも呼ばれています。

もともとのワインに独自の香りや味わいがプラスされているので、初心者でも飲みやすいのが特徴です。
商品によってはワインを飲んでいると言うよりも、アルコールが入った甘いジュースを飲んでいるような物もあり女性にも受け入れられやすいのも人気の秘密でしょう。

このページではフレーバードワインについてまとめています。

有名なフレーバードワインとは?

有名なフレーバードワインと言えば、スペイン産のサングリア、イタリア産のヴェルモット、フランス産のキールの3種類になります。
サングリアはスペインとポルトガルで販売されていますが、それ以外の地域では販売出来ないとEU法で決められています。

サングリアは果汁などが入ったワイン。
市販の物だけではなく、それぞれのご家庭でオリジナルのサングリアを作って楽しんでいます。
ブランデーやリキュール、生の果実、ジュースなどを加えれば出来上がり。
すぐに出来るので手軽に楽しめます。サングリアは果実系と言えますね。

ヴェルモットはイタリア産に加えてフランスでも製造されています。
こちらは果実をメインに据えた物ではなく、白ワインをベースにニガヨモギやグローブ、シナモン、コリアンダー、柑橘の皮などが入ったハーブ系のワインなのが特徴。

現在ヨモギはあまり体に良くないと事が判明しており、ニガヨモギ入りのヴェルモットは少なくなっています。

フランス産のキールは食前酒の一種ですが、作り方は至って簡単。
グラスにカシスのリキュールを注ぎ、次に白ワインを注ぐだけ。
サングリアやヴェルモットよりも作り方は簡単です。

ただシンプルなだけに、素材の良しあしで味が変わってしまいます。
キールの本場・ブルゴーニュでは、使用するワインの銘柄などに強いこだわりがあるようです。
さすがワインの本場ですね。

画像引用元:http://iewine.jp/article/271

フレーバードワインの買取価格

ワイン買取り業者にフレーバードワインが持ちこまれた場合、どれくらいの価格で取引してもらえるのでしょうか?

例えばアブサンルー ヴェルモットの場合は買取価格が約800円になっています。
ロマネコンティーの買取価格から考えるとかなり安いですね。

フレーバードワインを高額で取引してもらうのは、あまり期待しない方が良さそうです。
出来れば売却するのではなく、家族や友人と一緒に楽しむ方が良いかもしれませんね。


  • 1