気になる高価格なワインの種類

2017年01月20日 14:31


自宅や店舗で眠っているワイン、そのまま捨てるとただのゴミになってしまいます。
捨ててしまうくらいなら、ワイン買取り業者にお願いして買い取ってもらいましょう。
眠ったままのワインの中には、高価格で取引してもらえる商品も入っているかもしれません。

「高額で取引と言っても、一体どんなワインが高値で取引されているの?」そんな疑問をもった方へ、このページでは高額で買い取ってもらえる可能性が高いワインの種類、銘柄をご紹介しています。

根強い人気のスパークリングワイン

お祝い事に相応しいスパークリングワイン。
中でもフランスのシャンパーニュ地方で作られるシャンパンは品質も良く人気があります。

そのシャンパンの中でもひときわ高く評価され、多くの人達から求められるのが「ドン・ペリニヨン(ドンペリ)」「モエ・エ・シャンドン」「クリュッグヴィンテージ」など。
これら銘柄は高額で取引されています。

とくにドン・ペリニヨンは人気が高く、エノテーク プラチナ(1970年)専用箱付きのものは約23万円前後で買い取られています。
シャンパン1本に20万円以上の値段がつくのは驚きです。

ドンペリの場合、個人やレストランで飲む以外にもキャバクラなど飲食店でも高い需要があります。
ドンペリ自体のイメージも良いため、今後も大きな値崩れはなく安定した取引価格が維持できるでしょう。

ドンペリ以外にも高額で買い取られるのがグリュッグです。クロ・ダンボネ(1995)は買取価格が約40万円。
グリュッグが自宅にある方は、是非ワイン買取り業者に相談してください。

高額ワイン続出のスティルワイン

高額ワインと言えばスティルワイン。
とくにロマネコンティやリシュブール アンリ・ジャイエ、シャトー・ル・パン、シャトー・マルゴーなど、高額で買取が期待できるブランドが多々あります。

とくにロマネコンティは2008年のモンラッシェが約30万円で取引されていますし、2002年、2004年、2005年、2009年の物も20万円以上の価格で取引されています。

またリシュブール アンリ・ジャイエの1985年物になると取引価格は何と約70万円!
たった1本のワインですが、これだけ高価格で買い取られているんですね。
かなりの希少性とニーズがある証拠です。

ほかにもスクリーミング・イーグル カベルネソーヴィニヨンやオーパスワンも高値で取引されています。


画像引用元:http://jfifhjpfhp.seesaa.net/

少しでも高く査定してもらうには

高額で取引されている高級ワインですが、少しでも高く査定してもらうためにはボトルやコルクの汚れをふき取る、付属品も一緒につけて査定してもらう事。
査定がアップする可能性が高くなります。


  • 1